服の製造工程にはいくつもあります。
まずは服をデザインする人に始まりそのデザインから型紙を作る人、その型紙から服を裁縫する人といったものがあります。
そのなかで、人材が不足している工程があるようです。
それは型紙をつくる人です。
型紙というのは、服を作るための設計図みたいなものです。
これに手抜きがあるとどんな素晴らしいデザインであってもそれを十分に発揮することができなくなるのです。
その型紙を作る人が人手不足なのです。
なぜならば、華やかなデザイナーを目指す人は多いですし、裁縫する人は大量生産するなら海外へ委託することもできるのです。
でも、型紙を作る人というのはなかなか難しいものなのです。
というのも型紙作りというのは、簡単そうに見えてとても技術と経験を必要とされるのです。
そのため、育成するのに長期間かかってしまいます。
でも、型紙を作る人の知名度はほとんどないのが現状です。
少しずつでもいいので重要性をアピールするべきだと思います。