服飾関係の仕事のなかでもデザイナーに準ずる重要な仕事で、もっとも難しく感性が必要とされると言われる、パタンナーのお仕事。
デザイナーが描いたデザインをもとにして、型紙を作成するのがパタンナーの主な仕事。
デザイナーが成功するのも優秀なパタンナーあってのことと言われるほど、洋服つくりの中で重要な役割をを担っています。
どんな生地を使って、どのように縫製していくかによって、同じパターンを使っても全く異なるものができるのが洋服つくりの難しいところ。
デザイナーと二人三脚で生地を作る業者や生産工場と詰めていく作業はやはり豊かな感性以外にも、さまざま服を手にとって勉強を続けていくことも大切と言えそうです。
デザイナーの言うことを聞くだけでなく、パタンナーとしての意見も上手に伝えられるよう、コミュニケーション能力も必要でしょう。
パタンナーの資格についてはパターンメーキング技術検定試験という検定がありますが、合格するには最低2年以上、専門学校で学ぶ必要があると言われています。
服飾業界で長くパタンナーとして活躍するためには、自分にあったスクールで学ぶことが一番の近道です。
憧れのデザイナー、パタンナーの方が卒業した学校を見学に行ってみるのもいいかもしれません。
専門学校卒業後はほぼ100%の就職率でアパレルメーカーやデザイナーのアトリエで活躍する人が多いそう。
パタンナーを目指すなら、まずは学校探しから始めてみませんか。