皆さんは「パタンナー」という職業について、一体どの程度ご存知でしょうか?
何となくファッション関係の職種だなという事は分かっても、実際に具体的な仕事内容までちゃんとご存知だという方は相当少数派ではないかなと思います。
ちなみにパタンナーとはファッションデザイナーが描いたデザイン画を元に型紙を作る人のことを指す言葉であり、平面的なデザインイメージから人間が着る立体的な洋服に仕立てるための縫い代やダーツなどを加えて製図にするのが主な仕事内容となっています。
また最近では上記させていただいたような仕事内容だけに留まらず、より生産しやすい縫製方法や生地の使い方にボタンのサイズ指定、そして納品チェックまで本当に服飾加工全般に関する幅広い知識や技術が求められる職種となってきているみたいです。
そういった仕事量が昔と比べて遥かに増えているためか、昨今ではコンピューターに基本パターンを予め登録しておき、そこからバリエーションを展開していくという作業で効率化や省力化を図るというのが一般的になってきているようですよ。
つまりコンピューターをちゃんと操作できる能力も無いと、現代のパタンナーは勤まらないようですね。
ちなみに僕の姪も、今年の春からこのパタンナーとして働いていますが、仕事の範囲が非常に多岐に渡るので色々と覚えなければならない事があって結構大変みたいですよ。
反面、仕事のヤリガイはメチャクチャあるとは言っていましたが。