人は普段の生活において、衣料を着て仕事をしたり外出したり、
また睡眠したりしていますよね。
これらの生活に必要な様々な
服はデザイナーの方がその時の流行のスタイルであるとか
デザインを織り交ぜて製作しています。
日本におけるこれらの
ファッション業界においては、以前のブランド崇拝主義から
人それぞれの価値観にあったものを選択するように変化してきて
先述のブランドを選ぶ方もいれば、大量生産してクオリティ面は
よいにもかかわらず価格のお手頃な衣装を選ばれる方もみえます。
最近は後者のお手頃価格のファッションチェーン店が国内や
海外からも進出してきて激しい競争を行っています。
衣装関係は
デザイナーがまずデザインを行い、そのデザイン画をもとにして
型紙を作る専門技術を持った方をパタンナーと呼んでいて、この
型紙をもとにして布を裁断や縫製して実際の服に仕立てる事となります。
いわゆる服の設計士の様なもので、とても高い技能が必要と
される職業と思います。