服を作る工程というのは、非常にいろいろな工程があるそうですが、その中でも基本となっているのが、デザイナーだと思います。
そして、このデザイナーのデザイン画をもとにして型紙に起こしていくという方がパタンナーという仕事になっているそうです。
この仕事をする方がいなければ、服を実際にデザイン通りに作り出すことはできないものになっていると思うので、非常に重要な部分になっていると思います。
やはりデザイナーが思っているようなデザインの服を実際のものにしていくには、このようなパタンナーの方がいなければ成り立たないものになっているのでとても必要不可欠な重要な役割になっているそうです。
さらには幅広い知識も必要になっているそうで、生産しやすいような工程やボタンなどの指定なども行っていく仕事になっているので、服飾についての広い知識を活かしながら行う仕事になっているそうです。
府が好きということはもちろんですが経験なども必要なお仕事のようです。